ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だが、これだけは覚えておいて欲しい。この先、君がどうしようもない困難に直面したとき、自分一人の手では人々を守ることが出来ないと感じたとき――そのときは、遠慮無く自分が守るべき人々を頼れ。彼らに犠牲を強いろ。それが、人々を救い、君自身を ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

お前たちは、触れてはならないものに手を出した。お前たちは俺の逆鱗に触れた。ただそれだけが、お前たちの消え去る理由だ。

九校戦中盤の目玉、『新人戦』。
一年生のみで繰り広げられるこの競技は、第一高校の主席生徒・司波深 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

全国魔法科高校親善魔法競技大会。そこは毎年、全国から選りすぐりの魔法科高校生たちが集い、その若きプライドを賭けて栄光と挫折の物語を繰り広げる。今年も、もうすぐ、その幕が上がる。

『九校戦』。そこでは毎年、全国から魔法科高校 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

誰もが等しく優遇される世界、平等な世界。そんなものはあり得ません。才能も適性も無視して平等な世界があるとすれば、それは誰もが等しく冷遇された世界。そんな平等を与えることなんて、誰にもできない。そんなものは、騙し、利用する為の甘美な嘘の ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

徹底した才能主義。残酷なまでの実力主義。それが、魔法の世界。同じ新入生であっても、平等ではない。例え、血を分けた兄妹であっても。

魔法。
それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとして ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

お前は、誰の目からも隔絶された暗闇に閉じ込められておるわけではない。全てを諦めて虚無に浸るべき、廃棄された呪わしい不要品などではない――お前はまだ、必要とされておるのだ。だから、出てこい。そのためにこの手が役立つなら、いくらでも伸ばし ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

つまり。私は――そうだ。私は、お前を喪いたくない、と思ったのだ。思っているのだ。それだけは、この感情だけは、確かだ。何がどうあっても、私がどんな存在であったとしても、それだけは……!

奈良公園といえばシカ。シカといえばシカ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

――ねぇ、蒼依ちゃん、思い出した? わたしの、ヘンシツ。

「『普通』なんて、いつか壊れて、ここに戻って来るよ。蒼衣ちゃんは私の『王国』の国民なんだから――」
握り拳を震わせて言いつのる葉耶。蒼衣を苦しめる、かつて蒼 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ごめんね。それから、今までありがとう。

「いま敵じゃないひとは、いつか敵になるひと。まだ気づいてないだけだよ……」
葬儀屋の蘇りによる影響はまだまだ続く。蒼衣に復讐を誓う少年は、自分も死ぬ覚悟で蒼衣を苦痛の海へと沈 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

皮肉が利いていると思わない? 私はここが好きなのよ。この人間の、どうしようもなく愚かで、夢見がちで、そのせいでどうしようもなく皮肉なところがね。

“――彼女の髪に、触ってみたい……”
少女が歩道橋を登り、階段の一番 ...