ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

黒塚部隊によって、《蜂》と《蜻蛉》、そして竜胆の体が奪われた。九曜たちは仲間を奪還するため、鬼虫四番式《蜈蚣》弩将の井筒を目覚めさせようとする。しかし理論上は正しいはずの蘇生実験は、失敗を繰り返していた。
そんなある日、叶葉は ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

おっさんの存在が自分の中から消え去りそうになったあのとき、「このままじゃ無責任だ!」的なことをおっさんに訴えた。そんな一瞬の気の迷い をどこかの誰かが聞いていたのか、おっさん自身がそれを可能にしたのか、とにかく僕の中に留まった――記憶 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

アルマダの攻勢を受け、業平案件は守りきったものの業績が悪化したスルガシステム。苦境を脱すべく、社長が下したミッションは従来の個別システム構築ではなく定型のサービス開発と拡販だった。
その実行チームとして立華、梢が選ばれる。そし ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

ついに小豆梓の大攻勢が始まった! チアガール系ワンワンの笑顔に押され気味のぼくは、無表情ガール系月子ちゃんのプレッシャーに震える日々。「あの、そのハサミは何に使うのかな……?」「先輩が悪いのです。わたしをほったらかしにする先輩が」…… ...

ライトノベル, 読書感想, MF文庫J

王と、獣と、機械機構と、神とも呼ばれた“それ”――。過去、初代ハウスマンが実験台と呼び、いま、帝政列集国が魔王と呼ぶ、大陸の心臓“ヴァルバニル”が、遂に火山の頂に威容を表す。高濃度の霊体を吐く一撃で新たな“爪痕 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

怪人討伐の依頼――学園長のシャルロットに詐欺まがいで巻き込まれた橙也。その怪人とは橙也のかつての仲間だった。
これで一件落着と思いきや、このソフィアという怪人の少女は橙也に付きまとうようになる。なにか面白くない凛奈。逆にそれを ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

誰かを選ぶということは、選ばなかった誰かを犠牲にするということだ――。
ある日の放課後、高校生の斗和は、仲のよい2人のクラスメイトから同時に告白を受ける。どちらを選ぶか、斗和の中で答えは出ていた。
だが、平穏な日常は唐 ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ! 美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、青春を謳歌しております!!
未だ生徒会室に来ない美少女新役員二人の説得に奔走する我らが主人公、杉崎鍵を襲うかつてない危機。
攻略不可能キャ ...

ライトノベル, 読書感想, ガガガ文庫

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。
文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。
ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物か ...

ライトノベル, 読書感想, 富士見ファンタジア文庫

詩羽先輩との甘い一夜(?)を経て、無事我らが同人ゲームのプロットが完成。次は英梨々によるキャラデザなのだが……。
加藤の髪型チェンジにより、混乱するサークルの面々。だがその裏で英梨々が引き抜き!? 秘めた想いを胸に、夏が始まる ...