ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

レレナじゃない。なにしてるの、こんなところで

夏祭りの夜、レレナと朧たちが遭遇した男は、朧にだけ分かる「臭い」を放っていた。翌日、その場所で大量の血痕が発見された報を受け、朧は男が『貪』との関連があると推測する。青磁とレレ ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

NO IMAGE

完結から2年 まさかの続編登場!

大切なひとたちとの別れから2年。時間は優しく、それ以上に残酷に、彼らの面影をレレナの中から薄れさせつつあった。今ではもうぼんやりとした面影しか思い出すことのできなくなってしまった優しい人た ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 046

読了。

過ぎ去りし日々。あぁ、本来ならこういうテイストのお話だったんだよなぁという短編集。まぁ、一部、亮史と上弦の過去話であり、魎月であった頃の化け物然とした彼の姿を見ることもできるのですが。

話的には、物語の ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 062

読了。

なんというか、富野チックな終幕。死んだり壊れたり、日常に戻れたレレナですら、失ったものの大きさに、これまでのような生活は望むべくもなく。寄り添うべき人たちを亡くしたレレナの、これまでの成長過程そのものが物語の本質で ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 190

読了。

攫われたレレナを奪還すべく『組織』本拠地へ乗り込んだ亮史の戦い、というか一方的な殲滅戦。

その前段の舞の健闘や、囚われたレレナと『組織』側の良心・白宮との交流など、多少息抜きとなる描写もありましたが、他 ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 117

読了。

黒作家鈴木の本領? 噂に聞いていたのよりはショックが少なかったのは覚悟していたからなのか、これよりもよほどきっつい作品を経験済みだからなのか。

理不尽なまでの暴力に晒されて折れるレレナの心。

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 198

読了。

各キャラクターの掘り下げが終わり、亮史の過去が明らかになるのと同時に訪れる『組織』と上弦。

端から見ると痴情の縺れでしかないのに、命のやりとりにまで発展してしまう過激さが、上弦の情念と嫉妬の深さを伺わせ ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 181

読了。

レレナと舞の愛憎劇が(・∀・)イイ!! というか、すでに舞の一方的な思いこみで亮史を巡った三角関係に亀裂が生じているというか。

レレナはまだ肉体を保ち、現実にとどまっているのに対し、舞はともすれば消えて ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 169

読了。

これはとても良いものだー。

人の道を外れてしまったレレナや舞の、口外できない葛藤は切ないし、かつての本性を取り戻していく亮史の、敵対するクイナに見せた冷酷さにぞくりとしたり。早くもコメディ要素が揮発とな ...

ライトノベル,読書感想,電撃文庫

Thumbnail of post image 111

読了。

む、新シリーズのサンダーガールより面白い気が。デビュー作なせいか荒削りな部分も多いけど、読んでいて楽しいですね。所々、今後の鬱展開を予想させるテイストは散りばめられているかに見えますが、まだギャグ分が多めで、それが ...