蟲と眼球と愛の歌

このページは約 53秒で読めます。

蟲と眼球と愛の歌読了。

新キャラが出てきたと思ったら、既存キャラをあっさりと退場させたり、相変わらず容赦のない展開ですが、このシリーズも残すところあと1冊。役者は出そろい、最後の舞台の幕が上がったところで次巻へ続いた感じですね。

グリコや愚竜の望みだった、うさりん閣下の復活が、望んだ形かどうかはともかく叶えられたラスト。けれど、その展開も誰かの手のひらの上で踊らされてる感が拭いきれませんね。まだまだ波乱がありそう。これから風呂敷をたたむ過程で、どんな悪辣な展開が描かれるのやら。まぁ、むしろそういう黒さも日日日作品の味ではあるので、微塵の躊躇もなく、妥協のない終焉を迎えていただきたいところ。

所々に挿入される、誰かの回想の謎も明かされていないけれど、伏線回収の妙を見せてくれることを期待ですね。

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 蟲と眼球と愛の歌

Still quiet here.

Comments are closed.