ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ご決断ください。このまま毟られ、盗られ、足蹴にされ、泥にまみれたまま生きていくのか、さもなくば自らの力で立ち、歩いて進んでいくのか。

短編集第2弾。このタイミングで出すことに意義があるようなエピソードも収録。欲をいえば9巻 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

たまには嫌われておかんとの。ぬしに飽きられるほうが辛いでありんす。

『狼の骨』の情報をたぐり、ロレンスたちは海を渡り島国ウィンフィール王国を訪れた。そこにある聖ブロンデル修道院は現在、経済的危機に瀕し、さらにその所有する広 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ぬしは口だけの雄ではありんせん、とわっちに言わせてくりゃれ?

『狼の骨』の情報を求め訪れたケルーベの町はにわかに騒がしくなった。陸揚げされた伝説の海獣・イッカクは、南北の対立の構図を大きく書き換えるだけの価値を秘めているた ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

だが、大物では通れない小さな道が世の中にはたくさんある

『狼の足の骨』の噂を追い、港町・ケルーベへとエーブを先回りしたロレンスたち。エーブから紹介を受け、とある商会で仕入れた情報から、『骨』の情報の信憑性に確信を深めるロレ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

過去のホロの旅のエピソードも含んだ短編集 ホロの内面を描いた書き下ろし短編は転がりそう

リュビンハイゲンでの騒動が丸く収まったことを祝し、ホロとロレンスはノーラと食事をしていた。しかし、体調を崩したホロは、不覚にも宴会の最 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ホロとロレンス ふたりの睦言の応酬に身もだえる

毛皮でのもうけ話で共同戦線を張ったエーブに出し抜かれ、はらわた煮えくりかえるホロ。ロレンスに対する怒りはそれだけではないけれど、それを素直に言い合えるはずもなく、旅の終わりを ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

ロレンスとホロ 旅の終着を目前に変わりゆく関係

ホロの故郷の情報収集を続けるロレンスは、北の港町・レノスを訪れる。なにやら商売の気配が漂う町の様子と、そこで出会った商人・エーブから持ちかけられた美味しすぎる商売の誘いに、商 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

堅実に展開するお話だなぁ。今までのように、ロレンス自身が危機的な状況に陥るのとは違って、立ち寄った村でなし崩し的にトラブルに巻き込まれるという感じ。この辺、これまでのホロとの旅での経験が活きて、商人としても成長しつ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

今回も面白かったですね。

ロレンスとホロの旅の終着点が見えてきました。旅の終わりをイヤでも意識させられつつ、商売人としての本能と自身の純粋な望みの間で揺れるロレンス。ちょっとした言葉の行き違いで、これま ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

読了。

今回も面白かったです。修羅場をくぐり抜けてそれなりに実力も付いてきたと、過信をしがちなお年頃のロレンスさん、調子に乗って欲を出したのが運の尽き、一転人生最大の窮地に、というお話。舞台は中世的な世界で、経済の仕組みも ...