ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

近寄るな。私は、星野一輝の顔をしたお前が――怖い。

「ああ…分かったよ。僕が――僕が、『王』になってやる」
クローズド・サークル『王降ろしの国』。中世風の職業に就き、一度の面談を介し行われるそのゲームの勝利条件は、 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

気持ちいいでしょ? あんたの作ったネットワークよ。

平凡な社会人一年生、桜坂工兵は厳しい就職活動を経て、とあるシステム開発会社に就職した。そんな彼の教育係についた室見立華は、どう見ても十代にしか見えないスーパーワーカホリッ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

よう、そんなの寂しすぎるじゃねえか。いくら他人様より少々強かろうが、何も残らないんじゃ虚しすぎるじゃねえか。本当に欲しいものなんて、大切なものなんて、ほんのささやかなものなんだ。大切なもの一つだけ。それを残してくれるなら、今まで通り、 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

パクり疑惑の渦中にあった『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』、発行元であるアスキー・メディアワークスも謝罪を出し、回収・絶版と相成ったことで、その疑惑は事実として確定され、収束に向かうのでしょうか?

私はといえば発売日には購 ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

あいつは俺にとって、いつまで経っても、きっと何十年経ったって――腕の中で泣いている、小さな生き物のままなのだ。いつか、今度こそ、俺と離れるそのときまで、我儘を聞いてやって、しっかり護ってやらなきゃならない。

ヤバイ。桐乃ヤ ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

俺、思うんだよ。そりゃ、どんなこともひとりでぱっぱと片付けられたら、かっこいいし、そういうのが大人になるひとつの方法なのかもしれないけどさ、得意とか苦手とかあるし、ヒマだったり、忙しかったりは人それぞれ違うんだから、そういうのを認めて ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

悪いね。あの娘のわがままを聞いてやれるなら、世界なんて安いものなんだ、実際。

ある日、軋人と柚島は七美から一人の少女を預かるよう頼まれる。
ナナというその少女を、七美は銀河連邦とともに行った惑星探査の際に拾ったとい ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

私は無力かもしれない。今の私は、ただの音無麻理亜でしかないのかもしれない。でも――。――それでも、命を投げ出してでも、お前を護りたい。

「お前、“O”と関わっているだろ?」
クラスメイト・大嶺醍哉が、星野一輝に向か ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

さあ、壊そうクバツ! わからず屋どもに、誰が最強か教えてあげるわよ!

アイムと共に街の悪魔召喚事件を解決した九罰。
しかし、彼の平穏はあらゆる面で未だ訪れない。再び天草国教庁からエクソシストが九罰のもとへ派遣された ...

ライトノベル, 読書感想, 電撃文庫

忘れたら、また最初からやり直せばいいじゃないか。君が僕のことを忘れても、僕はもう、君のことを忘れない。何度忘れても、その度にまた君と仲良くなって、いくらでも一緒にいてやるよ。何度でもだ。いいか、何度でも、だ!

「別にあなた ...