2007年本のまとめ

このページは約 1分16秒で読めます。

感想書いた本は298冊(MM/本のメモ 調べ)で、1日1冊には至りませんでしたが、平日はなかなか忙しくて読めない割には、読みたい本はだいたい読めたかな。今後は新境地の発掘にがんばりたいところ。積んでるシリーズものも消化したいし。

ってことで、今年読んだ本のまとめ。スタイルはいちせさんのスタイルパクリ参考にさせてもらいました。

1月:ぼくと魔女式アポカリプス〈2〉 [感想]

ぼくと魔女式アポカリプス 2 (2) (電撃文庫 み 7-5)

2月:”文学少女”と飢え渇く幽霊 [感想]

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

3月:イヴは夜明けに微笑んで─黄昏色の詠使い [感想]

イヴは夜明けに微笑んで (富士見ファンタジア文庫 174-1 黄昏色の詠使い)

4月:フレイアになりたい2 ハーデスが泣いている [感想]

フレイアになりたい 2 (2) (集英社スーパーダッシュ文庫 お 3-4)

5月:クジラのソラ〈3〉 [感想]

クジラのソラ 3 (3)

6月:レジンキャストミルク〈7〉 [感想]

レジンキャストミルク 7 (7) (電撃文庫 ふ 7-13)

7月:連射王〈上〉〈下〉 [感想]

連射王 上 (1)

8月:“文学少女”と慟哭の巡礼者 [感想]

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)

9月:世界平和は一家団欒のあとに〈3〉父、帰る [感想]

世界平和は一家団欒のあとに 3 (3) (電撃文庫 は 9-3)

10月:戦う司書と虚言者の宴 [感想]

戦う司書と虚言者の宴 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 1-7)

11月:円環少女〈6〉 太陽がくだけるとき [感想]

円環少女 6 (6) (角川スニーカー文庫 153-8)

12月:とらドラ6! [感想]

とらドラ 6 (6) (電撃文庫 た 20-9)

スポンサーリンク

Trackback URL

No Trackback to 2007年本のまとめ

Still quiet here.

2 Responses to 2007年本のまとめ

  1. あけおめーことよろー^^)
    先般エールを頂いたにも関わらずブログでお知らせした通りとなってしまい。大変お恥ずかしい限りです……
    とりあえずうぷしていきますんで、厳しいご意見頂ければ幸いです。
    まあ、今後も4月とか5月とかに向けて頑張っていきますので宜しくお願い致します><

  2. >紅茶奴隷さん
    遅くなりましたが、あけおめでございます。
    継続UPされている、作品、こっそりと拝見しております。感想は最後まで読んでから書こうかなとか思ってますが、会話が楽しかったり物語運びがなんとはなしにぎゃるげちっくな印象を受けますね。比較的幅広く受け入れられる作風に思えたんですが……。なんとも残念無念な結果だったようで。って、次の締切も意外に早いですね。がんばってくださいませー。その意欲に当てられて私もなんか書ければいいのにとか無い物ねだりですねえ(´・ω・`)
    ともあれ、今年もいろいろな作品にお目にかかれることを期待しております。よろしくお願いします!